占い詐欺の被害にあってしまった場合、裁判を起こさなくても返金はされるのか?

占い詐欺

占い詐欺が増加し、利用者が100万円以上を使ってしまうトラブルが増加しています。

大栄橋法律事務所では、多くの被害者からのご相談を受け、占い詐欺の実態を明らかにしてきました。

占いには不確実な要素が含まれるため、的中しなかったからといって、すぐに違法とは断言できません。

しかし、占い詐欺を働く業者はこの隙間を利用して不正な占いビジネスを行っています。

では、占いサイトが詐欺と見なされる具体的な要因は何なのか。実際には、3つのチェックポイントが存在します。

きっかけはインターネット広告

事実に基づいた事例をご紹介させて頂きます。

ある女性が、職場の人間関係に悩み、家族の健康問題も抱えて孤独な日々を送っていました。

ある日、スマートフォンでウェブサイトを閲覧している際に、目にした「無料鑑定」の広告に興味を持ちました。

「無料なら試してみてもいいかもしれない」と考え、思い切って某占いサイトにアクセスしました。

まずは無料の鑑定を受けるために、会員登録が必要でした。

「はつえ」というニックネームを使い、ユーザー名、生年月日、性別、血液型、婚姻歴、メールアドレスなどの個人情報を登録し、利用規約に同意しました。

家族には秘密にしたかったため、本名ではなく「はつえ」というニックネームを登録しました。

このステップを経て、会員登録が完了し、無料で150ポイントが付与されました。

メールを送るためのポイントで課金に誘導

会員登録が完了すると、鑑定士からメールが届き、「​​この言霊をこちらにお送りください。○○先生の生涯最後の鑑定を、はつえさんの幸せの為に行なっていきます!」とのメッセージが記されていました。

鑑定師に返信するためには、1回につき150ポイントが必要なので、無料で提供された150ポイントを使用して、鑑定士に応じました。

その後、鑑定士からのメッセージには「今回の鑑定は、過去鑑定と未来鑑定を同時に行う、○○先生ならではの特別な鑑定となります。」という内容が含まれており、「​​”いやはお”と唱えましょう。そうすれば、あなたの運勢が向上します。終わりましたら、私の方に一言、​”おしはや”とお送り下さい。」と意味不明な呪文のような言葉が記されていました。

ただし、無料ポイントを使い切ったため、返信ができませんでした。

サイトでは、ポイントを購入できるプランが用意されており、

・1,500円で150ポイント
・4,500円で500ポイント
・7,500円で850ポイント
・12,500円で1,550ポイント
・25,000円で3,400ポイント
・35,000円で5,000ポイント
・50,000円で7,500ポイント

などの7つの料金設定が提供されていました。

彼女は、自分の運勢を改善したいという願望から、​”おしはや”という言葉を返信しました。

その後も、他の鑑定師からもさまざまな占いメールが届き、女性は指示に従ってポイントを購入し、返信を繰り返すことになりました。

気づけば、彼女はわずか半年で数万円ものお金を消費してしまっていました。

しかし、肝心の運勢は一向に改善されず、ますます不安に悩まされました。

最終的に、彼女はこの占いサイトが占い詐欺だということに気が付いたのです。

当事務所に実際にあった相談事例

無料鑑定につられ、占いサイトに登録しました。

無料の範囲でやめるつもりが、「特別な金運の持ち主」などと言われ、このまま鑑定を続け完了すれば宝くじに当選すると言われた事を信じてしまい、鑑定をやめることが出来なくなっていました。

占いが好きで占いサイトに登録しています。

複数の鑑定士とやり取りをしていましたが、その中の一人が「自分は病気で余命半年だが、どうしても最後にあなたのことを見たい」と言われ自分は特別な存在なのだと思いました。

その言葉を信じて鑑定を続けていましたが、余命半年のはずの鑑定士とのやり取りは、気がつけば既に1年以上経過していました。

悩み事を解消したいと思ったことがきっかけで、占いサイトに登録をしました。

「先祖からのお告げ」「守護霊からのお告げ」だと言う言葉が送られてきて、鑑定師から指示のあった呪文を複数回にわけて送るように言われました。

ポイントを消費し続けるだけで現状何も解決していません。

占い詐欺のトラブルで裁判になったケースもある

こういったメール占いで詐欺被害にあった方が裁判を起こしたケースもあります。

その裁判で、裁判所が着目したのは、占いサイトの運営会社がサイト上で宣伝しているサービス内容が実際にどれだけ実行されているかについてでした。

占いサイトには、各会員に対して個別の鑑定師が占いを行い、その結果に基づいて悩みに対するアドバイスを提供すると説明されていました。

しかし、裁判所は次の3つのポイントに基づいて、宣伝通りのサービスが提供されていないと結論し、占い詐欺と認定しました。

鑑定士は実在するのか?

この事件において、運営会社と鑑定師との契約が存在するという事実すら認められませんでした。

裁判所では、運営会社が鑑定師との具体的な契約関係や、鑑定師が実際に占いや祈祷などの活動を行っていることを証明できなかったのです。

運営会社が占いを提供すると宣伝していながら、実際には鑑定師が存在しない場合、詐欺の疑いが高まります。

本当に個別鑑定を行っているのか?

さらに、この占いサイトは個別に鑑定すると宣伝していましたが、実際には利用者ごとに真に個別の占いが行われていませんでした。

利用者が受け取ったメールの内容からも、複数の鑑定師が異なるメッセージを提供する代わりに、ほとんど同一の内容のメールが繰り返し送られていたことが明らかでした。

この事実は、本当に占いが行われているのか疑わしくし、さらに別の利用者にも同じ内容のメールが使われていたことから、事前に用意されたテンプレートを使用し、機械的にメールが送信されていた可能性が高いことを示唆しています。

したがって、サイト上の占いの説明と実際の実施が合致していないため、詐欺と見なされる可能性が高まりました。

有料ポイントを消費させることがメールの目的になっている

このように、鑑定師の存在が疑わしく、個別の占いも実施されていないため、事実上、占いの実態が存在しないことが示されました。

この状況では、運営会社が単に有料ポイントを消費させるためにメールを送信しているだけと認識される可能性が高まります。

利用者が占いの代金を支払うのではなく、実質的には有料ポイントを消費させることが目的であるという状況は、詐欺行為と見なされる可能性が高くなります。

占い詐欺と判断

裁判所は、これらの3つの要因から、某占いサイトは占いを提供すると宣伝しながら、実際には有料のポイントを消費させて収益を上げる行為を行っていると判断し、それを「詐欺」と認定しました。

この結果、違法行為として、運営会社は被害者に対して400万円を支払うことという判決が下されたのでした。

裁判を起こさないと返金されないのか?

そんなことはありません。事実、当事務所では弁護士が返金請求を行って、返金に成功した事例はいくつもあります。

裁判で勝訴して返金された事例をご紹介したのは、裁判を起こされるほど悪質な占いサイトが実在される事を知って欲しかったからです。

実際に、裁判を起こすとなったらとても大変な事なので、裁判を起こさずに返金が成功した事例をご紹介させて頂きます。

当事務所で実際に返金に成功した事例

被害額:320万円⇒返金額:230万円

【占いサイトで詐欺じゃないかと怪しいと思い相談しました】

最初は何気なく開いた占いサイトで「有名占い師が今だけ無料鑑定」という文字を見つけました。

簡単な入力フォームに生年月日やニックネームを入れ送信するだけだったので、興味本位で送信してしまいました。

その無料の分だけと思っていただのですが、そのうち鑑定士からメールが届くようになり「ご先祖様からお告げがあった」「宝くじが高額当選する金運を持っている」などと言われその気になり、課金してまで鑑定をするようなってしまいました。

鑑定師とのやりとりは終わることがなく、宝くじも当たらない。ふと、自分は占いにいくら使っているのかと思い200万円を超える額を課金していて愕然としました。

老後のために貯めたお金も底をつき、鑑定士にお金がないのでもう終わりにしたいと告げても、「もうすぐ高額当選するのが見えているから大丈夫」などとズルズルと鑑定を続けてしまい最終的には300万円を超える額を課金していました。

すがるような気持ちでこちらの法律事務所に相談したところ対応してくれて、希望通りの額が返金されて、本当に感謝しております。

返金手続きには1〜2ヶ月かかることもあります

弁護士による返金交渉の場合、解決までの期間は弁護士事務所や占い業者によって異なりますが、一般的には以下のようなスケジュールが考えられます。

『弁護士を介入させた返金交渉の流れ』

『通知書の送付と対応』
弁護士事務所が業者に対して通知書を送付し、問題解決を求めます。この段階で業者が迅速に対応するケースが多いです。

『交渉の開始』
業者からの連絡があった場合、金額交渉や解決策の検討が始まります。弁護士が被害の証拠や法的根拠を提示し、交渉を進めます。

『合意形成』
弁護士と業者との間で合意が形成されれば、返金手続きが始まります。金額や返金方法などについて最終的な合意が取り決められます。

『解決』
合意が得られれば、返金手続きが行われ、被害者に返金が行われます。

一般的に、弁護士を介入させた返金交渉は迅速に進むことが多いです。

弁護士事務所が返金の実績を持ち、交渉する占い業者に対して認知度がある場合、交渉がさらに早期に進展することがあります。

ただし、コンビニ決済の場合は開示請求などの手続きが追加されるため、3〜4ヶ月程度の期間を見込むこともあります。

スピーディな解決のためにも、弁護士に返金請求を行ってもらうことが重要になってきます。

まとめ

今回は占い詐欺の返金に関するご説明をさせて頂きました。

占い詐欺は金運をはじめ、仕事運や恋愛運、健康など様々な魅力的な言葉で消費者を引き寄せます。

占い詐欺の手口や対策を理解し、早い段階で詐欺に気付くことが大切です。

もし占い被害にあった場合は、ただ泣き寝入りするのではなく、早い段階で弁護士に相談することをオススメします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
大栄橋法律事務所