占い詐欺サイトの相談が増加中。その手口や返金する方法とは?

占い詐欺

最近、当事務所に寄せられる相談の多くは、スマホやパソコンで利用できる占いサイトに関する金銭トラブルに関するものです。

特に、ご相談が多いのはメール占いを提供しているサイトです。

ユーザーは有料ポイントをサイト内で購入し、占い師に1通のメールを送るたびに約1,000~1,500円の費用がかかります。

被害者の中には、短期間で数百万円以上の課金をしてしまった方もいます。

このような悪質な占いサイトの手法や傾向について詳しくご説明していきます。

【半年間で500万円以上を占いサイトへ支払ってしまった被害者もいらっしゃいます】

興味本位から、ご自身の悩みを占い師に送信すると、占い師から魅力的な鑑定結果が返ってきます。

その内容は

「あなたは非常に素晴らしい金運を持っています」
「信じて鑑定を続ければ宝くじで高額当選するでしょう」


といった、ユーザーの興味を引くものです。

これに惹かれてユーザーは占いサイトに依存し、ますますのめり込んでしまうことがあります。

しかし、占い師には周囲に相談できないような悩みを打ち明けた場合、それを逆に利用され、

「鑑定を続けないと願いが叶わない
「ここで鑑定を中止すると不幸になる」


といった不安をあおる内容が送られてくるのです。

その結果、ユーザーは鑑定をやめられない状況に追い込まれ、短期間で数百万円以上を占いにつぎ込む被害者も出ています。

占いにここまで高額な被害が出る背景には、これらの占いサイトがポイント課金の仕組みを採用しており、銀行振込以外にもクレジットカードや電子マネーでの支払いができることが多いためです。

被害に遭った人々は、気づいた時には大金を支払ってしまっていることが多く、そのような相談を多数受けています。

【悪質な占い詐欺サイトの手口とは?】

当事務所に寄せられるご相談の中で最も多いのは、悪質な占いサイトの金銭トラブルに関するものです。

これらの占いサイトは、インターネット検索時に表示される広告やウェブページに掲載されたバナー広告が多く、ユーザーは「無料鑑定」という語句を見て「無料なら試してみよう」と気軽にクリックします。

その結果、生年月日やメールアドレスなどの個人情報を入力し、性格や相性診断などの鑑定結果が送られてきます。

しかし、続きを閲覧しようとすると有料会員ページへ誘導されます。

初回のメール鑑定相談は無料であることが一般的です。

こうした占いサイトは、占い師からユーザーに対しメールのやり取りを促すシステムが多く採用されています。

占い師は

「信じれば大金が手に入る」
「守護霊からの贈り物がある」


といった内容のメールを送り、有料ポイントの課金を誘導します。

占いを続ける場合、1通あたり1000~1500円がかかります。

無料鑑定のメールを送ると、しばらくしてから複数の占い師からメールが届くようになります。

これはユーザーの関心を占いサイトに引き留めて、占いサイトを忘れさせないための手法なのです。

メール占いを始めると、利用者は依存症のようになり、日に数通または10通以上のメールを送ることもあります。

一部の人は、同じ占いサイト内で別の占い師とのメールのやり取りを開始し、1日に十数通以上のメールを交換することもあります。

これらのメールには、占い師から洗脳的な言葉や呪文のような指示が含まれ、ユーザーは願望を実現させるために指示に従ってしまうのです。

1通あたり1500円の料金がかかると、気付いた時には数百万円以上の支払いが積み重なってしまいます。

多くの場合、被害者は気がついた時には支払いが数百万円以上に達しており、その後に当事務所に相談に来るケースも多いのです。

【占い詐欺サイトの鑑定を被害者が止められない理由とは?】

悪質な占いサイトは、巧妙な手法を駆使して被害者を引き込みます。

以下に、その一般的な手法と傾向をご紹介します。

『期待と不安を煽るメール』

占い師からのメールは、ユーザーの期待や不安をあおります。

例えば「この鑑定を信じて続ければ必ず宝くじに高額当選します」と期待を煽り、反対に鑑定の頻度が減ると「ここで鑑定を止めるとあなたは不幸になります」と不安を煽るメールが送られます。

占い師からは「貴方の望みが叶うまでもう少しです」といった言葉を言われ、ユーザーは鑑定を続けることにプレッシャーを感じることがあります。

『高額な支払い』

ユーザーは自身が高額な支払いをしていることに気付いている場合もありますが「大きなお金が入ってくることや願いが叶うのであれば」と鑑定を続け、後には抜け出せない状況に陥り、高額な金額まで被害が拡大します。

『個人化された鑑定』

ユーザーは自身の悩みや願望に基づいた鑑定内容を受け取るため、占いに依存しやすくなります。

占いサイトは、共通の悩みに合わせた定型文を複数のユーザーに一斉に送付することがあります。

一般的な悩みとしては、恋愛・復縁、金銭関係、家庭問題、人間関係などが挙げられます。

『主に女性をターゲット』

占い詐欺の被害者は多くが女性です。特に40~60代の女性が影響を受けやすい傾向があります。

これらの年齢層は家庭や金銭、人間関係に関する悩みを抱えやすく、周囲に相談できない不安やストレスを抱えることが多いため、占いサイトに依存しやすくなります。

このような手口に遭遇した場合、即座に利用を中止し、信頼できる機関に相談することが重要です。

占い詐欺からの被害を未然に防ぐため、情報の共有と警戒が大切です。

【占い詐欺サイトの返金請求については弁護士事務所に相談しましょう。メールのやり取りは全て保存することが重要です】

占い詐欺の被害に遭った場合や不審に感じた場合、まず最初にするべきことは、利用している占いサイトとのやり取りを保存することです。

占い詐欺の返金を請求する際に、保存されたメールのやり取りは非常に重要な証拠となります。

多くの詐欺サイトでは、一定の時間が経過するとメールのやり取りが自動的に削除される仕組みがあります。

これは、悪質な占いサイトの運営会社が証拠を残さないようにするための手法です。

ですので、やり取りを保存しておくことは非常に重要です。

保存すべき情報には、メールのやり取りだけでなく、占いサイトの利用規約や特定商取引法に基づく表記も含まれます。

返金交渉を進める際に、これらの情報が役立つことがあります。

占いサイトの情報は、通常、サイトの下部に記載されています。

返金を希望する場合、返金の実績のある弁護士事務所に相談することも検討しましょう。

占い詐欺に関する問題の判断や返金手続きについてアドバイスを受けることができます。

当事務所は、占い詐欺被害者の悩みに対処するのに専門的なサポートを提供しています。

占い詐欺被害は、感情的な状態にある際に被害に遭いやすく、助けを求める一方で詐欺に巻き込まれることがあるため、慎重な行動が必要です。

当事務所は、被害者の方々が正義を取り戻すお手伝いをいたします。

コメント

タイトルとURLをコピーしました
大栄橋法律事務所